<<年末年始の営業のお知らせ>>

いつも浮空、ならびに六庵CAFEをご利用下さましてまことにありがとうございます。

年末年始の営業のお知らせです。

 

《浮空の珈琲豆の通販》

★年内にお届け分の最終受付★ ~12月27日(水)

★年始の発送★ 1月9日(火)~

※お休み中も、メールでのご予約は承っております。

 

《六庵CFFEのお休み》

12月29日(金)~1月6日(土)

 

本年も浮空と六庵をご愛顧いただきまして本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様、どうか良いお年をお迎え下さいませ。

 

 

焙煎記録:ブレンド「火鉢」

12月の定期便ブレンド「火鉢」

カフェオレなどにも合う、コクと苦みのブレンド。

豆は6種使い、アフターミックス。

IMG_3711 IMG_3717

オーガニックのペルー マチュピチュは欠点豆が多く、クロップもオールドなので乾燥が進んでいる。

深煎りで本領を発揮する豆なので、2ハゼまで聞いて冷却。コクの中にまったりとした甘みが出てくる。

今回のブレンドのメイン。

IMG_3716 IMG_3713 IMG_3719

カメルーンとタイは少量づつ。焙煎度を同じにするため、この2種だけプリミックス。

タイ チェンライ オリエンタルファズ農園はマイルドで今回のブレンドではそれぞれの豆の個性をまとめるためのつなぎの役目。

今期のタイはスクリーンが大きめで、甘みもある。カメルーンは独特の香ばしさがあり風味づけに。

2ハゼ直前で煎り止め。

IMG_3714 IMG_3720

マラウィは上品なアシッド感があり、コクと甘みも柔らかく、オールラウンドな豆。

欠点豆も少ない。硬さがあり、芯まで膨らますのと焦げを出さないことのバランスをとるテクニックが必要。

今回はブレンドの中ではペルーの重さに負けてしまった感じ。

IMG_3712   IMG_3718

カリブならではのさっぱりした風味を加えるためのドミニカ ドンファンスペシャルAA

これもペルーに負けたかなとおもうところ。配合率をもう少しあげても良かったか。

IMG_3715 IMG_3721

最後に香りのアクセントにエチオピア イルガチェフェG1

浅めに焼いて、香りづけする。1ハゼ後すぐに冷却。

 

                   

 

 

 

 

 

 

 

エチオピア モカシダモG4

エチオピアはコーヒーの原産国と言われています。
他の生産国と違い植樹された苗木ではなく、
古くから自生していた原種(在来種)が受け継がれていて
その特徴であるフルーティな香りと澄んだ酸味が世界中で愛されています。
シダモというのは地区の名前です。
この地域に住んでいたシダマ族にちなんで名づけられました。
G4というのはグレードで、G1がいちばん等級が高く、G4はずいぶん低い等級です。
欠点豆(虫食いや割れ欠けなど)が多く、豆面もあまりきれいではないので
一見出来の悪い豆、と思われがちですが、
この欠点豆をじっくり丁寧にハンドピック(取り去る)すると、
香りはそのままに、酸味は柔らかな、とてもまろやかなモカに大変身します。
仕入れた生豆の3~4割近くを捨ててしまうことになり、
また手間もかかるので、一般的にはあまり流通していないと思いますが、
モカに関しては等級が全てではないと思っています。

2017.12定期便第1便モカシダモG41

精製のばらつきから、発酵豆が多く、割れ欠けも多い。商品として仕上げるにはかなりのハンドピックが必要。

今期のクロップは粒は大きくて感触はいい。

2017.12定期便モカシダモ2

焼き上がりにさらにハンドピック。イチハゼにかかる時間もかなりばらつくので、煎りすぎないよう早めに仕上げて、

ハゼきってない豆を取り除いていく。

G1、G2あたりと比べて、香りはそれほど変わらない。酸味が落ち着いて、まろやかなモカになる。

手間さえ惜しまなければとても美味しい豆だと思う。

 

カメルーン ジャバ ロングベリー

カメルーン ジャバ ロングベリー

カメルーンは、アフリカ大陸の西側の赤道直下、 北大西洋と南大西洋のちょうど中間に面した共和国です。

旧ドイツの植民地時代を経て、フランス、イギリスによって分断されたのち、 1972年に独立を果たしましたが、いまでもヨーロッパの経済、文化が色濃く残っています。

サッカーの強国として知られており、アフリカの中では豊かな国というイメージもありますが実際の経済規模は佐賀県と同じくらいだそうです。

この豆はカメルーンの西部の高地で栽培されています。

単一の農園ではなく、カプラミ生産協同組合という組織が小規模農家で収穫された豆を 集売しています。

ジャバというのは品種名です。

インドネシアのジャワ島で栽培されていた、昔ながらのティピカ種がヨーロッパに渡り、 ドイツ人宣教師によって1913年にカメルーンに持ち込まれたと言われてれています。

生豆の形がやや縦長なので、ロングベリーと呼ばれています。

1980年代後半から1990年代半ばにかけて、価格の下落と政府の農業支援廃止により コーヒー産業は崩壊寸前となりましたが、

農家にとって持続的に生産できる農作物だったため政府の援助なく、全くの自然農法によって作り始めたことにより、復活を遂げました。

いまでは、カカオと並びカメルーンの主要な輸出品として 重宝されています。

アフリカの豆としては、酸味は少なく、甘みとコクがあります。

IMG_3428

粒は大きめでフルウォッシュド。欠点豆は、虫食いなどは少ないけれど、精製時の機械由来のもの?傷がそこそこある。

スクリーンは揃っていて全体としては状態は良好。

IMG_3429

イチハゼのあと火力を落として二ハゼぎりぎりまで焼く。焼きムラはほぼなく、焼き上がり後のハンドピックが楽。

味わいは、酸味が全くなく、コクが強く甘みもある。

 

焙煎記録:ブレンド「月天心」

10月の定期便ブレンド「月天心(つきてんしん)」

蕪村の俳句

月天心 貧しき町を 通りけり

から。もとは、漢詩の「清夜吟」から来ている言葉だそうです。

の中秋の名月がとても美しかったので、月にちなんで名前を拝借しました。

浮空のラベルのデザインは月を背に飛ぶトンボです。空に浮かぶものになぜだか心惹かれます。

豆は、ザンビア・ペルー・エルサルバドル3種のプリミックス。

IMG_3393

ザンビア NCLL農園 AA

NCLL農園は4つのEstateに分かれ、今回はKateshi、Isanyaの2つの農園から収穫されたコーヒーです。

かつては国営農場として運営されたNCLL農園ですが、干ばつなどの影響で生産量が激減し経営不振に。

2012年より植樹を再開し現在に至ります。ザンビア政府の輸出品として再生を期待されています。

IMG_3395

ペルー ぺルビアンゴールド

レインフォレストアイアランス認証。繊維産地域はカハマルカ県サンタロサ。

世界最大のコーヒー商社ボルカフェグループが、一から指導し現在の品質を作り上げた地域です。

収穫量を高めるための剪定やカットバック(高くなり過ぎないように木を切る)という行為は、

減産になるだろうと考える村の人を説得するのに、実際にやってみて何年もかかってやっと理解して頂いたそうです。

欠点豆はそれなりに。

IMG_3395

エルサルバドル サンタ・リタ農園

サンタ・リタ農園はエル・サルバドル西部ソンソナテ州のサンタアナ火山の裾野に位置しています。

この農園は火山灰土壌に加え、シェードツリーの落葉が腐葉土を作り出すことから土壌環境は 良く、

高品質コーヒーを栽培するのに適しており、ここにブルボン、パカス、パカマラと全てブルボン 系品種が栽培されています。

この農園で最も標高の高い「イラマテペック区画」で収穫された ブルボン種です。

サンタ・リタ農園で収穫されたチェリーはラス・クルセス・ミルに運ばれ、約12時間醗酵させた後、 綺麗な湧き水で洗浄されます。

この後、赤レンガとコンクリートの乾燥場にて10日程度かけて 天日乾燥されます。

IMG_3398

以上3種の豆をプリミックス。

本来は深煎りのほうが特徴が良く出る豆たちなのですが今回は口当たりがクリアなものに仕上げたかったので

やや浅めの煎りにしました。

口に含んだ時の柔らかい酸味と甘みに対して、後味はやや苦みを引くので、好みが分かれてしまうかもしれません。

メキシコ オアハカ州 クルスグランデ農園

メキシコ南部にあるオアハカ州は先日(2017年9月現在)の大地震で被害の大きかった地域です。

クルスグランデ農園は海に近い場所にあり、被害の詳細はわかりませんが、なんらかの影響が出ているかもしれません。

そのため、今回急きょ、こちらの豆を入荷し、売り上げの一部をこの地域に募金させて頂くことに致しました。

在庫の残り少なくなっておりますが、どうぞご利用下さいませ。

IMG_3330

生豆の状態はとてもよく、欠点豆も少なく、粒もそろっています。

IMG_3331

はあまりなく安定したバランスの取れた味わいなので、2ハゼが始まると同時に火から下ろし冷却。

焼きムラがでにくく、丁寧に精製されていることがよくわかります。

ビター感が強めでカフェオレなどにもおすすめ。

 

 

 

 

★夏季休暇のお知らせです★

浮空ならびに六庵CAFEをご利用下さいまして、まことにありがとうございます。

8月の営業につきましてご案内させていただきます。

浮空(珈琲豆通販)は、お休みはございません。

通常通りメール等にてご注文をお受け致します。

六庵CAFEは、8月11日(金)~15日(火)まで夏季休業となります。

何卒よろしくお願い申し上げます。