インドネシア ガヨマウンテン

インドネシア スマトラ島 アチェ州 ガヨマウンテン

インドネシアは大小合わせて13000以上もの島からなる島嶼国家で、 ひとくちにインドネシアと言っても、 それぞれの島や少数民族ごとに異なった歴史のある複雑な国です。

アチェはスマトラ島最北端にある州で、 もともとはアチェ王国として胡椒の貿易などで栄えていました。

1942年にスマトラ島がインドネシアに統合された後も、 アチェ・スマトラ国として独立運動を続け、政府軍とのゲリラ戦が続いてきました。

2004年のスマトラ沖大地震・津波の被害が甚大だったことでいったん停戦となり、 翌2005年にようやく和平条約が結ばれました。

アチェ州で生産しているコーヒーの生豆が日本で普及しはじめたのは、 ここ10年ほどのことです。それまでも生産は行われていたのですが、 アチェよりも少し南部の、マンデリンに混ぜられて出荷されていたそうです。

ガヨマウンテンは、マンデリン見た目はよく似ており、 大粒できれいな濃グリーンの生豆です。 味わいは、甘く重たいコクがあり、香りはワイニ―(赤ワインのような香り)です。

深煎りでも美味しいのですが、今回は少し軽めに。

IMG_1662

大粒できれいなグリーン。欠点豆も少なくハンドピックはどちらかというとアフターでしっかり。

IMG_1663

火力強めでイチハゼが終わるまで待ち、弱火にしてじわじわと仕上げる感じ。しっかり膨らんだら火を止めて冷却。

インドネシアはフレンチかイタリアンまで振り切ることが多いのですが、今回は甘酸っぱさを残して軽めの仕上げ。

 

焙煎記録:ブレンド「初音」

3月の定期便ブレンド「初音(はつね)」

初音とはウグイスの別名です。

ホンジュラスHG、キューバTL、グァテマラ フィラデルフィア農園 ラ・クプラワイニ―、パナマ ゴールデンビートルの4種類のアフターミックスです。

ホンジュラスとキューバの酸味が少なく穏やかで香ばしい風味をメインに、グァテマラの濃厚なコクと赤ワインのような香り、パナマの生のクルミのようなミルキーな香りを加えました。

桜餅のようなかわいらしい和菓子に合う珈琲です。

IMG_1592

ホンジュラスHG スペシャルティではないのでそばかすも欠点豆も多いですが、粒は大きく粒度も揃っていて焼き上がりにムラが出にくいので、丁寧にハンドピックすればとても良い豆です。

IMG_1602

火力強めでイチハゼまでで煎り止め。酸味が少ないので手回し焙煎の中では浅めに仕上げても味がきつくなりません。穏やかな香ばしさがありブレンドのメインには向いている豆です。

IMG_1595

キューバTL こちらもホンジュラスと傾向は似ている豆です。豆面が良く、焼きムラも出にくい焼きやすい豆。ホンジュラスよりも香りがやや立っている感じ。フルーティさはなく、香ばしさが特徴。

IMG_1603

こちらも強火のイチハゼで煎り止め。ブレンドのイメージから、香りを出しきる前に止めた感じ。

IMG_1597

グァテマラ フィラデルフィア農園ル・クプラワイニ―

生豆の状態でも甘酸っぱい香りが漂う豆。欠点豆は少なく、粒は小さ目。

IMG_1605

シルバースキンのはがれが良く、チャフはすぐ真っ黒になってぱらぱらと取れるので焼きやすい。火が通りやすいので、火力は加減しつつ、イチハゼ後、余熱で整えて冷却。

熟成した香りがしっかり立ってブレンドの香りの層に厚みを加えます。

IMG_1599

パナマ ボケテ地区 サンセバスチャン農園 ゴールデンビートル

グリーンでみずみずしい豆。欠点豆が少なくハンドピックは楽。ただし焼きムラが出やすいので試行錯誤。

IMG_1604

火力強めでイチハゼまで持って行き、ハゼたら火力を落としてゆっくり仕上げます。

ミルキーな香りと強い甘味が特徴。苦味弱め。

 

全体として穏やかな風味を中心に据えて、特徴の違う豆を使い、バランスを整えていくブレンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本地震被災地への寄付のご報告とお礼

兵庫県尼崎市の生豆卸問屋「生豆本舗」http://www.namamame.jp/ の社長岡崎様にご協力を頂いた生豆で作りました珈琲のドリップバッグセットの第一弾が完売致しました。

ご購入下さいましたお客さまにこの場をお借りしてお礼申し上げます。

合計金額14,400円

となりました。

こちらの金額に個人で600円追加し、15,000円を、認定NPOピースウィンズ・ジャパン様 http://peace-winds.org/ を通じて熊本被災地支援活動への寄付をさせて頂きました。

熊本での活動内容はこちらでご覧頂けます。 http://peace-winds.org/activity/kumamoto/

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行う非営利活動法人です。

今回こちらを寄付先に選んだ理由は、こちらの団体が、東ティモールでコーヒーの生産活動の支援を継続的に行っておられ、浮空でもオーガニックの東ティモール産の豆をたびたび焙煎してきたご縁からです。

その活動の詳細はこちらからご覧頂けます。http://peace-winds.org/activity/timor_leste/

支援を始められたころは35世帯しかなかったコーヒー農家は今は600世帯に増え、品質も年々向上しています。

浮空では今後も引き続き被災地の支援を行って参ります。どうぞよろしくお願い致します。

浮空 店主

※下記に領収書を添付予定ですが、まだ届いておりませんため、先方より頂きました寄付の確認のメールを暫定で添付しております。領収証が届きましたら差し替えます。

pwj1pwj2

 

ブラジル さくらブルボン

ブラジル ミナスジェラス州  ボンスッセソ地区 サンタルジア農園 ブルボンアマレロ種 さくらブルボン。

さくらブルボンとは、 この豆を買付している商社さんが付けた名前です。

年に一度、ニュークロップ(昨秋に収穫されたばかりの新豆)が 数量限定で輸入されます。

完熟した豆を、鮮度を保つために20Kg づつに小分けして輸入するので、とても良い状態で入ってきます。

ブルボンアマレロという品種は、通常は赤いコーヒーチェリー(実)ですが、この品種は果実が黄色く、 甘みが強いのが特徴です。

IMG_1569

ディスカスカードという水洗式の精製工程を経て、天日干しで乾燥させています。

生豆の状態は良く、欠点豆も少ないです。焼いてもはがれにくいタイプの薄皮と、割れ豆、わずかに虫食い豆をハンドピックで取り除きます。

IMG_1570

天日干しのブルボン種の特徴なのかもしれませんが、単一農園にしては生豆の水分量にややバラツキがある感じ。

焼きにムラが出やすいので火力の調整をしながらできるだけ均一になるように仕上げて行きます。

イチハゼの声が小さく耳をすましながら火力を落とすタイミングをはかります。

ジューシーな香りに対して味わいは香ばしく、冷めてから甘味を感じます。

タイ チェンライ 少数民族アカ族の方々の村で作られる豆のこと

浮空の通販をはじめてから5年。ずっと変わらずに浮空のイチオシ豆として焙煎し続けている、タイ チェンライオリエンタルファズ農園。

この豆を生産している、少数民族アカ族の方たちのことが2017.1.27付の日経新聞で紹介されていました。

村に素敵なカフェが出来たとのこと。今度タイに行けるときにぜひ遊びに行ってみたいと思います。

以下、日経新聞より転載です。

『かつて麻薬の密造地として知られたタイなど3カ国にまたがる「黄金の三角地帯」は今、コーヒーの木の栽培が盛んだ。少数民族のアカ族が作るのは自然との共生を目指した「森のコーヒー」。農薬を使わず、時間をかけて作るコーヒー豆はタイの品評会で最優秀賞を受賞するほど品質が高い。アカ族は村の住民総出で自立の道を進んでいる。

コーヒーの実を摘み取るアカ族のミー・ミュンさん(昨年12月、タイ・パヒ村)
画像の拡大

コーヒーの実を摘み取るアカ族のミー・ミュンさん(昨年12月、タイ・パヒ村)

パヒ村は眺望のいい高台にカフェを作った
画像の拡大

パヒ村は眺望のいい高台にカフェを作った

画像の拡大

 

タイの第2の都市、チェンマイから北東に約250キロ。アカ族が住むパヒ村はミャンマーと国境を接する山岳地帯の一角にあり、山の斜面にはマツやサクラの森が広がる。高い樹木とともにコーヒーの木々が100万本以上も生えている。葉の下につけた多くの実が真っ赤に色づき、コーヒー豆の収穫期を迎えた。

ケシ栽培脱却

¥^4え74えアカ族のミー・ミュンさん(63)は枝を引き寄せて、一つ一つ丁寧に実を摘み取る。1日の収穫量は40キロにもなる。この村で取れる実は大きくてずっしり重い。12月中旬から1月末までの収穫期の間、毎日実を摘み取る作業が続く。

村の住民がコーヒーの木の栽培を始めたのは約35年前。それまではアヘンなど麻薬の原料となるケシを栽培していた。当時は麻薬を扱う組織が一帯を支配していたことに加え、ケシしか収入源がなかった。

タイ政府の麻薬撲滅運動などもあり、ケシ栽培をやめた後は、山の環境保全を目的に松などの木々を植えた。ケシ栽培は山の木を切って斜面全体で作っていたが、もともと自然信仰が強かったアカ族には抵抗があったという。このためコーヒーの木を栽培する際には木を伐採せず、森の中で栽培することにした。

森では高い木々が日光を遮り、コーヒーの実の育成は通常より20日以上長くかかる。面積当たりの収穫量も約40%少ない。その代わり、森にすむ虫が木の害虫を食べるため、駆除剤を使わなくても済む。落ち葉が肥料になり、土壌も豊かになり、その栄養分を吸収するため、収穫期には大きな実をつける。

ミー・ミュンさんの息子で村長のアランさん(41)は「我々が大切にする自然を生かして、おいしいコーヒー豆が取れるなら、こんないいことはない」と喜ぶ。

高台にカフェ

012年にタイ・チェンマイで開催された「ロイヤルフローラ国際品評会」で、同村のコーヒー豆はアラビカ部門で最優秀賞を獲得した。パヒ村のコーヒー豆を仕入れる食品商社、オリエンタルファズの今中健太郎社長は「苦み、甘み、コクがしっかりあるのに、さっぱりしている。奥深さがあり、毎日飲んでも飽きない味」と高く評価する。

多くの人に知ってもらおうと、村はこのほど眺望のいい高台にカフェを開設。テラスからは国境の向こうのミャンマーを見渡せる。

今年前半は降水量が少ないなどの天候不順で豆の収穫量は減る見込みだ。それでも森と共生しながら高品質のコーヒーを作り、自立することにアカ族の人たちは誇りを持つ。森の味わいがにじむコーヒーが、いつか世界に広がることを心待ちにしている。

(バンコク=清水泰雅)』

ブレンド「沫雪」

2月の定期便ブレンド「沫雪(あわゆき)」です。

タイ チェンライ オリエンタルファズ農園をベースに、 エチオピア モカ イルガチェフG1、ケニア レッドマウンテン、

インドネシア フローレス コモドドラゴン、エルサルバドル エル・モリノ農園 の5種類のプリミックスです。

タイチェンライの甘みとさわやかさに、 モカのフルーティな香りとプラスアルファの酸味、コク、と バランスの取れた味わいを意識して作りました。

名前は、 沫雪の このころ継ぎてかく降らば 梅の初花散りか過ぎなむ

大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいつらめ) の詠んだ歌からです。

全国的に大雪のニュースの多いこの頃ですが、 福岡でもここ数日雪が降り、咲き始めた梅の花にうっすらと積もりました。

IMG_1503

タイ チェンライ オリエンタルファズ農園

冷めても味の変わらない、マイルドで甘みがあり安定した味わいの豆。

http://orifas.com/chiangrai-coffee/

農園のHPはこちら。

ツイッター@ORIFAS   では、タイとミャンマーの国境の美しい風景のお写真を時々アップされてます。

IMG_1504

ケニア 北キアンブ地区 ティンガティンガ農園 レッドマウンテン

ブレンドには少量配合しましたが、ボディの強さとスパイシーさが隠し味になって効いています。

IMG_1505

エチオピア イルガチェフェG1 華やかな香りとフルーティな酸味を出すために、この豆に焙煎の照準を置きました。

IMG_1506

エルサルバドル アパネカ地区 エル・モリノ農園 RA認証

浅めの焙煎ですっきりした透明感のある風味づけ。

IMG_1508

インドネシア フローレス島 コモドドラゴン

マンデリンに似ていますが、大きさはひとまわり小さく、苦みとコクの強さが特徴です。

IMG_1509

仕上がりは、すっきりしつつ、後味のコクを楽しめる味わいに。バランスよくまとまったと思います。

バレンタインデーも近いので、チョコレートとご一緒に。

ケニア キアンブ地区 レッドマウンテン ティンガティンガ農園

ケニアは、アフリカの中東部に位置しています。

コーヒー発祥の地と言われるエチオピアの隣にありますが、コーヒーの栽培が始まったのはエチオピアより200年ほど遅く、宣教師によって伝えられたとされています。

今回のレッドマウンテンはケニアの首都ナイロビより北約30Kmに位置する北キアンブ地区にあるティンガティンガ農園で生産されています。

ここはケニアの中でも古くからコーヒー栽培が行われている地区です。

キクユと呼ばれる赤土の土壌からこの名前が付きました。

丁寧に完熟した実だけをハンドピックした直後に精製、そしてより完璧な乾燥状態を得る為、ドライテーブルにて天日乾燥されます。

ボディがしっかりしていて、ほど良い酸味もあり、ちょっとスパイシーな風味はビールに例えるなら辛口ドライ、といった感じです。

今回のクロップはとても出来が良いと思います。ごつごつとした豆肌も力強さを感じます。

IMG_1468

虫食いやカビなどはほぼなく、変形豆がやや多いですが、これは収穫か精製時に付いた傷かと思います。

焙煎後のピックでは殻豆がややありました。

IMG_1470

火力強めでイチハゼまで持って行き、ハゼたらすぐに最弱火にして1分ほど回し、火を止めて余熱でさらに1分ほど。

からっとした仕上がりと、ごつごつした豆肌のワイルドさが好もしい豆です。